E-CAT Part 4

どんな問題?

パート4では自分とは切り離された外部世界のトピックを扱います。写真に写っている物品、人、状況などをいかに上手に英語で語ることができるかを試します。

写真は2枚出てきます。準備時間はそれぞれ30秒で、答えも 30秒です。それぞれの写真に関して3つの質問が用意されているので、できるだけ多くの質問に答えるようにします。

評価ポイント

発音やイントネーションも評価対象となりますが、内容の的確さがより重視されます。的確な返答かどうか、適切な描写がされているかどうかなどが評価されます。

ボキャブラリーレンジも評価対象です。使用している単語のレベル幅とでもいうべきもので、受験者が表現したい事柄に見合った適切な単語を使用しているかどうかを見極めます。CEFR でいうと、B2 レベルまでの単語まで使いこなせるようになると、表現できる内容が広くなってきます。

勉強方法・受験対策は?

すぐにできる対策としては、周囲にある物や目の前の景色などを英語で描写するクセを日頃からつけることです。普段の生活でも、旅行先でも、そこで見るものすべてが教材になるでしょう。また見えるものだけでなく、自分の普段行っている動作なども英語で表現できるようになりましょう。パート4では無限に外の世界と接触できる写真を題材にしますので、日常生活でもさまざまな物事に興味を持つことも大事です。